小児がんで行われる支持療法とは


小児がんを治療する時は放射線治療や化学療法、そして外科治療などが行われますが、
どの治療に関しても副作用の心配があります。
それ以外にもさまざまな問題が出てくる事があるので支持療法が必要不可欠となります。
支持療法は副作用や症状、そして心理的な問題をできるだけ早く取り除くための治療法です。

小児がんの治療は症状だけを見て治療していくわけにはいきません。
治療の仕方や予防法、そして感染症などの副作用に関する事もしっかりと理解して
治療していく必要があります。
また、患者の体にもそれなりの負担をかける事になるので医師の独断ではなく、
患者も一緒に取り組んでいく事が支持療法では重要とされています。

患者に治療方法や副作用の心配、治療をする事でどんな効果を得る事ができるのか、
その他心配されるものをきちんと説明し、不安要素を取り除く事もしています。
こういった事を説明する事で不安が高まる事もありますが、
何の説明もせずにいきなり治療をしてしまってはそちらの方が不安になってしまいますし、
とても協力的とは言えません。

実際に治療をするのは医師ではなく小児がんを患っている患者ですので、
患者の同意を得たうえで治療を行っていくのが理想的です。
ただ、病院の中には支持療法をきちんとしていない所もあるのでしっかりと見極めるようにしましょう。


posted by 小児がん克服 at | 治療で小児がんを治す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。