小児がんで行われる外科治療とは


小児がんの治療には外科治療というものも存在しています。
一般的に多く聞かれるのは抗がん剤などを使った化学療法ですが、
中には化学療法ではそこまで高い効果を得る事ができないものもあります。
そういった時に外科治療が役立つのです。

外科治療では主に手術をして病気の原因となっている腫瘍を取り除きます。
化学療法では多くの小児がんに有効ではありますが、
中には化学療法が効かない悪性腫瘍などもあるのでそういった場合は、
外科治療を選ばないといけない場合もあります。

そこまで進行していない場合は問題なく手術だけで終わらせる事ができるかもしれませんが、
症状が進行してしまっている場合は外科治療だけではなく化学療法も必要になる場合があります。
化学療法である程度症状を緩和させて手術が出来るような状態になった時に手術で腫瘍を取り除くのです。

言葉だけ聞けば簡単に聞こえますが、実際は難しいのです。
手術の際に関係ない内臓に傷を付けてしまったり合併症を引き起こす可能性もありますし、
機能障害を起こす事もあるので絶対に安全とは言い切れません。

症状が進行していないのであればこういった心配もないですが、
どんどん進行してしまっているのであれば
その分手術も難しいものになってしまう事を覚えておきましょう。


posted by 小児がん克服 at | 小児ガンの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。